Housing Development

【フロアコーティングは業者に頼もう】契約の流れを徹底解剖

艶やかなフローリングに

申し込みから施工完了まで

床

住宅の多い大阪では、リフォーム工事もそれだけ多く行われています。
そしてその中でもフロアコーティングは、特に盛んに行われています。
なぜなら現在の大阪では、住宅の部屋はもちろん廊下の床も、ほとんどの場合フローリングとなっているからです。
フローリングは、フロアコーティングを定期的に行っておけば、艶やかな状態が維持されます。
つまりそれだけ、大阪での快適な生活を長続きさせることができるわけです。
そのため大阪には、フロアコーティングを専門としている業者が多くいます。
そういった業者に電話やメールで依頼すると、まずは契約前に現地調査をしてもらえます。
業者はフローリングの広さはもちろん、材質や状態もチェックした上で、適した塗料や手順を決めるのです。
これらにより料金も決まるので、依頼主は見積額を見た上で、契約するかどうかを決めることができるわけです。
契約した場合は、依頼主は施工当日までに、床を作業可能な状態にしておく必要があります。
家具などが設置されている場合は別の場所に移動させ、カーテンなどで作業が阻害される可能性がある場合は、外しておくのです。
こういった作業は、個人では難しい場合には、有料で業者に任せることもできます。
問題なく作業できる状態になれば、業者は床を洗浄した上で、コーティング剤を塗っていきます。
コーティング剤の種類と塗る範囲にもよるのですが、作業は3〜4時間ほどで終わります。
ただしその後半日以上は、塗料が硬化するまで放置しておく必要があります。
硬化すれば、家具などを元通りに設置することで、フロアコーティングは完了となるのです。

費用負担を考慮して選択

婦人

地価が高騰している大阪では、持ち家住宅の延べ床面積は、やや少なめとなっています。
具体的には、全国平均は122平米なのですが、大阪では100平米前後なのです。
その分大阪では、やや安い費用でフロアコーティングができると言えます。
というのもフロアコーティングは、多くの場合は施工範囲で料金が決められるからです。
ただし料金は、使用するコーティング剤の種類によっても左右されます。
たとえば大阪で最も普及しているシリコン系コーティング剤を使ったフロアコーティングの場合は、1平米あたりの料金が約3千円となっています。
そのため屋内の全ての床に施工すると、トータルでの料金は約30万円となります。
しかしシリコンよりもやや耐用年数の少ないウレタン系のコーティング剤の場合、平米単価は約2千円です。
したがってこの場合の料金の支払いは、20万円程度で済むのです。
逆にシリコンよりも高品質なガラス系コーティング剤を選んだ場合は、平米単価は約4千円、トータルでの料金は約40万円という計算になります。
しかし品質が良い分耐用年数が長く、具体的には効果が15年ほど持続します。
そのためコストパフォーマンスの良さではシリコン系やウレタン系を上回るので、近年の大阪ではこれを選ぶ人が増えてきています。
このようにコーティング剤によって費用負担が異なってくるので、フロアコーティングをする際には、十分に比較検討をすることが大事です。
もちろん施工範囲も肝心で、本当にフロアコーティングが必要な部分のみに絞ることで、費用負担は一層少なくなります。

カビや埃を除去してから

床

大阪でのフロアコーティングは、個人で行うのではなく、業者に任せることが大事です。
なぜなら絶対湿度の高い大阪では、湿気による床のトラブルが発生しやすいからです。
カビはその最たるものですが、カビが生えた状態でフロアコーティングを行うと、頑丈な塗膜で覆われることで、そのカビを除去できなくなります。
つまり塗膜の内部でカビが増殖し、床の状態がますます悪くなる可能性があるわけです。
カビだけでなく、床には湿気により埃もこびりつきます。
これを残したままフロアコーティングをすると、見た目が悪くなることはもちろん、埃による凹凸やザラつきも生じやすくなります。
さらに、埃が浮き上がることで塗膜が剥がれ、施工が台無しになることもあるのです。
ところが大阪の業者なら、カビも埃もしっかりと除去した上で、フロアコーティングを行います。
具体的には、汚れを分解する洗浄液で床をきれいに洗ってから、コーティング剤を隙間なく塗布するのです。
もちろん最初に壁などに養生シートを張り巡らせるので、汚れや洗浄液が飛び散ってシミができる心配はありません。
床から余分なものを全て除去してからコーティング剤を塗れば、塗膜はその分長持ちします。
簡単に浮いたり剥がれたりすることはありませんし、その間は床は、湿気はもちろん埃からも守られます。
たとえ新しいカビの胞子や埃が多く降り積もったとしても、塗膜がシャットアウトするため、床はこれらの影響を受けないのです。
しかも塗膜はツルツルとしているので、どちらも簡単な拭き掃除で塗膜から除去できます。
このように大阪では、業者の手を借りた方が床を大切にできるのです。

家をメンテナンスする

男女と作業員

リフォームをすれば、長く住み続けることが可能となります。お気に入りの家は定期的にメンテナンスをするようにしましょう。名古屋には、多くの人から支持を集めているリフォーム会社があります。まずは見積もりをもらいましょう。

もっと読む

業者を吟味する必要性

メンズとレディ

名古屋でマイホームをリフォームする場合は、依頼をする業者を吟味する必要があります。具体的には、自分の希望通りに改築できる業者が良いでしょう。また、予算についても親身になって話を聞いてくれる業者をお勧めします。

もっと読む

床を安定的に使うために

部屋

大阪においてフロアコーティングを行なうと、床の使い勝手が大きく向上して、長期間安定的に床を保つことができます。フロアコーティングを依頼する際には、きちんとフロアコーティングの材料の特性を理解してから依頼しましょう。

もっと読む